iPhoneの歴史

アップル社が初代のiPhoneを発売したのは2007年のことです。当初の携帯電話といえば、ガラケー携帯といわれるタイプのものが主流でした。iPhoneのように、マルチパネル式を採用した携帯は、今までにない新しいタイプで、スマートフォンと呼ばれ、瞬く間に世界中にiPhoneの愛用者を増やしていく事となりました。初代のiPhoneは、およそ15億台も売れたメガヒット商品となります。現在でも新機種の発売は、予約販売が行われており、iPhoneのファンが新機種に搭載されている新しい機能を心待ちにしています。

ところで、初代を経て、iPhone3Gという次のバージョンでは、3Gネットワークを使用したメールのやり取りやWebの閲覧などが行えるようになり、コミュニケーションが円滑に行えるようになったり、情報検索がサクッと行えたりと、利便性が上がる特徴がありました。また、その次の機種となるiPhone4では、カメラの性能が格段に上がったとされています。

この時点で、iPhoneは、もはや携帯電話ではなくなりました。多くの人が、携帯通話ができるタブレット端末として、重宝しています。カメラやインターネット、音楽再生など、マルチに楽しむことできる便利なアイテムとして、ユーザーに深く浸透して、なくてはならないものとなっています。今では、パソコンの代わりとなり、仕事のサポートをこなしてくれ、趣味の幅を充実してくれる重要な存在となっています。

Copyright © iPhoneの魅力を語る, All rights reserved.